その他 業界

消防署側が公文書開示請求を嫌がる理由3つ

公文書請求 嫌がる 消防

https://aokibosai.jp

先日、更新した前ブログ “公文書開示請求で消防署の内部資料を入手する方法【東大阪市の場合】” について民間業者だけでなく、公務員として勤められている消防関係者様側からも貴重なご意見ご感想を頂けました。

公文書開示請求 東大阪消防局
参考公文書開示請求で消防署の内部資料を入手する方法【東大阪市の場合】

続きを見る

ピエロ
ピエロ
消防署側も大変なんやて‥色々細かいルールとか事情あんねんて‥分かってや。
お役所勤めは絶対大変や思います‥超タテ社会やし、予算が税金やから仕事選べないし。
管理人

中でも特に「消防が公開請求を嫌がる(面倒な案件だと思う)」理由について挙げられた3つが興味深かったので、ここで管理人のフィルターを通した話を紹介させて頂きます。

 

消防署側が公文書開示請求を嫌がる理由3つ

①自家発メンテ業者が点検報告書の開示請求をかけまくった

およそ3年ほど前に消防用設備の自家発電設備の負荷運転の法改正があった際、雨後の筍の如く悪徳業者を含む有象無象が参入してきましたが、その際に手あたり次第に点検報告書を公文書開示請求した業者がいたらしいです。

悪徳業者 自家発電設備
参考自家発負荷運転の悪徳業者にご用心!急いで自家発電設備の負荷試験の本当の話をします。

大阪のオバタマ
大阪のオバタマ
公文書開示請求できるモンは‥バンバンやったらエエんと違うの?アカンの?
これ‥入手した情報を基に建物へ営業をかけた設備業者が、どこで情報を知ったかを聞かれた時に「消防から文書をもらって」と言って回ったらしいんですよ。
管理人
教官タマスケ
教官タマスケ
それで、建物オーナー等から消防が勝手に業者に情報を教えたと勘違いされて‥問い合わせや抗議がめちゃくちゃ来たのも関係してます。
納得。そりゃ消防署さん嫌がりますわ。
管理人

ただ、公文書開示請求は市民の権利であり、それが行使されること自体に異論があって取り合ってくれない消防署さんは皆無なのでご安心下さいませ。

自家発電設備 負荷試験
参考急いで自家発電設備の負荷試験の本当の話をします。

続きを見る

 

②消防マニアが車両関係の開示請求をかけまくった

「撮り鉄」よろしく、度が過ぎたマニアは人に迷惑をかけてしまうから控えておこう系のセンサーがブッ壊れてしまうみたいです。

消防車両マニア

当然、消防吏員および職員の皆様それぞれ普段の業務を抱えてらっしゃいますから、そこにオタクの熱量で公文書開示請求されると迷惑に。

タマスケ団員
タマスケ団員
消防署側の方々の気持ちを代弁すれば『何でコイツ等の趣味に付き合わされなアカンねん‥ダルっ!』でしょうか。
消防関係者の使命は「国民の生命や身体および財産を火災から守ること」ですから、オタクな方々は勘違いしないように。
管理人

消防署の皆様は、オタクの欲求を満たすために働いているわけではありません。

 

③余剰人員がいない中で消防署側が対応しなければならない

消防署宛に公文書開示請求がされること自体、イレギュラー業務ですから単純に消防吏員および職員の皆様の業務量が増加します。

消防署 余剰人員

消防署の方々は公務員ですから行政サービスとして対応しなければなりませんが、もし自分が忙しい中で仕事を増やされたら‥どう思うでしょうか。

刺青タマスケ
刺青タマスケ
腹の中で『(クソッ‥!このクソ忙しいのに仕事増やしやがって‥。)』って思うでしょうね。
我々民間企業でいう、ただの質問をしてくる地方の設計事務所の電話対応くらいイラつくかも‥。
管理人
電話タマスケ
電話タマスケ
ただの質問の電話については『それでしたら所轄消防署に問い合わせて下さい』って言ってます、ホントすみません消防署の皆様。
ホントあぁいった調べりゃ分かることを聞いてくる方々の対応って‥面倒臭そう過ぎて頭が下がります。泣
管理人

公文書開示請求は市民の権利ですから、選択肢の一つとして持っておきましょう!

あかざタマスケ 公文書開示請求

ただし消防署の方々の負担になることも間違いないので、ほどほどに!

 

◎ まとめ

  • 前ブログ “公文書開示請求で消防署の内部資料を入手する方法【東大阪市の場合】” について民間業者だけでなく、公務員として勤められている消防関係者様側からも貴重なご意見ご感想を頂いていた。
  • 中でも特に「消防が公開請求を嫌がる(面倒な案件だと思う)」理由について挙げられた3つが興味深かった。
  • 消防署側が公文書開示請求を嫌がる理由3つは「①自家発メンテ業者が点検報告書の開示請求をかけまくった」「②消防マニアが車両関係の開示請求をかけまくった」「③余剰人員がいない中で消防署側が対応しなければならない」であった。
  • この記事を書いた人

管理人

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱
【保有資格】消防設備士全類・危険物取扱者全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者
【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間40万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.7万人)の運営

-その他, 業界