ブログ

両方ガチで運用した管理人が「jimdo」と「WordPress」を徹底比較!

jimdo WordPress 比較

https://aokibosai.jp

お悩みタマスケ
お悩みタマスケ
ブログ始めたいんだけど‥jimdoWordPressって、どっちがいいの!?
その比較なら任せて下さい!
両方のツールで月間25万PVのページ作成した実績ありますので。
管理人

 

【実績紹介】月間25万PVのaokibosai.comを「jimdo」で、月間25万PVのaokibosai.jpを「WordPress」で作成しました。

jimdoアクセス解析画面

☟「jimdo」で6年間運用して作成したaokibosai.com(月間25万PV)のアクセス解析画面

jimdo アクセス解析画面

参考https://www.aokibosai.com/

WordPressアクセス解析画面

☟「WordPress」で半年間(6ヶ月)運用して作成したaokibosai.jp(月間25万PV)のアクセス解析画面

WordPress アクセス解析画面

参考https://aokibosai.jp/

 

以下の読者を想定します。

  • 新しくブログを始めたいと思っている。
  • ガチでjimdoとWordPressを使った人の意見を聞きたい!
  • jimdoとWordPressどちらでブログを運用するか迷っている。

 

そして結論から言うと‥

最初からWordPress使っときゃ良かった!

デメリットも解説します、どうぞ最後までお読み下さいませ。

 

両方ガチで運用した管理人が「jimdo」と「WordPress」を徹底比較!

◎ jimdoブログは使いにくい⁉

jimdo ログイン画面

大阪のオバタマ
大阪のオバタマ
そもそも‥何故6年間もjimdoにてブログを運用してたのに、WordPressで更新し始めたん?
これホント正直に言いますが、jimdoで更新していたことが原因で読者が減っていたと懸念されたからです。
管理人

「誰でもカンタンにできる」がウリで愛用していたjimdoですが、その分デメリットも目立ちました。

参考
青木防災㈱のページ
【同業者必見】青木防災㈱ホームページの作り方【月間25万PV】

続きを見る

 

jimdoは重い!

jimdoで作成したページは重い(ロードが遅い)ことが原因で、スマホ読者が離脱している可能性が高いことが悩みでした。

jimdoサイト Lighthouse

データマスケ
データマスケ
モバイルサイトの読み込みに3秒以上かかると、半分以上の53%が閲覧を止めて離脱すると‥あのGoogle様より報告されています。
jimdoブログのスマホ読者率が3割程度に留まっていたのに対して‥ガチプログラマーの聖くんのサイトが9割以上だと知って驚愕しました。
管理人

jimdo モバイル 割合

聖くん
聖くん
モバイル3割は少なすぎる、絶対どっかで離脱されてるわ。
もしページの重さが原因でブログ読者に離脱されていたとすれば、それを改善するにはjimdoじゃないツールを使うしかない!って話に。
管理人

Twitterのウィジェット貼っている時などはスコア17とかで、超絶へヴィな激重サイトになっていました。

ちなみに他のjimdoで作成されたサイトのスコアを計測してみても、軒並み低速であるという結果が観測されます。

 

jimdoはデザインに制限あり!

jimdoでブログを書いてもデザイン的に痒くなる所に手が届きにくい場面が多々あり、結局コードを触ることになります。

HTML jimdo

例えば文字の下にマーカーで装飾したい時も、その機能が無いのでHTMLを編集するという面倒臭さがあります。

画家タマスケ
画家タマスケ
WordPressやったら‥というかAFFINGER6やったら、こんなんボタン一つでビシッと描けますもんね。
他にも‥jimdoからWordPressに変更してからメチャクチャ楽になったのが、以下のデザインでしょうか。
管理人

「jimdo」⇒「WordPress」で楽になったデザイン3つ

  • 目次の作成  (jimdoの目次は全て手動で作っていた)
  • 会話風ふきだし (もしjimdoで作るなら画像を編集する必要あり)
  • ブログの「<<前へ||次へ>>」を手動で作らなくてよくなった

ヤバいタマスケ
ヤバいタマスケ
今振り返ると‥わざわざ手動で目次とかページ送りの作成に、時間かけてたのがホンマ恐ろしいわ。
この会話風ふきだしも、タマスケ広報課長の7変化どころか100以上レパートリーあって重宝しています。
管理人

本気で読まれるブログ運用をするならば、jimdoよりもWordPressの方がデザインも時短できます。

 

jimdoは移行が困難!

jimdoは他のツールへ、サイト内の情報を移行することが困難です。

Webサイトは、主に以下の3要素で構成されます。

jimdoページ サーバー ドメイン

Webサイトの3要素

  1. サーバー ≒ 土地
  2. ドメイン ≒ 住所
  3. WordPress ≒ 家

jimdoはサーバーおよびドメイン(有料)を提供してくれる便利なツールですが、上記でいう「家」に蓄積された情報を取り出すのが困難な点でWordPressと異なります。

飛脚タマスケ
飛脚タマスケ
本当やったらaokibosai.comからaokibosai.jpに情報も引っ越し‥したかったけど、それが困難やったからjimdoも継続中って事情。
サーバーもjimdo縛りやから早いサーバーに乗り換えられへんし、便利なセット提供してくれる分だけ後々デメリットが目立ってくる。
管理人

特に、jimdoは最初に無料で使えることがメリットとして挙げられますが、そのまま作り込むと後戻りできない可能性が高いので要注意です。

 

もしjimdoのサービスが終了したら‥

そして、この移行が困難というデメリットに最も頭を抱えるのが「jimdoのサービス終了」時でしょう。

聖くん
聖くん
もしWordPressが終わるってなっても引っ越し案が出回るやろうけど、jimdoはユーザー少ないから‥そのまま無くなると思う。
わ‥そういえば高専の頃にブログ更新してた「My space」ってツールも、いつの間にかサービス終了しててデータ全部消えてたわ。
管理人
引越しタマスケ
引越しタマスケ
jimdoからWordPressへの移行‥ゴリ押しで引っ越す方法もあるみたいやど、aokibosai.comはページ多すぎて「無理ゲー」でした。
まぁ、そんな回り道や苦労があったおかげで‥この “jimdoとWordPressをガチで比較” みたいなブログ書けてるんやし結果オーライ。
管理人

 

◎ WordPressでブログを書き始めた結果‥

WordPress ブログ

占い師タマスケ
WordPressに移行してから半年くらいやけど、PVや訪問者数も順調に増えてますね。
ほんで書くのがラクやし、会話風ふきだしとか使うのが楽しいわ‥正直コッチのが絶対いい。
管理人

 

重くないWordPressテーマを使用!

WordPressはテーマという「テンプレート」を自分で選ぶことができる為、最初からユーザーの多いAFFINGER5(※現在はアップロードされてAFFINGER6)という有料テーマを使いました。

AFFINGER6 スコア

速いッ!

タマスケマン
タマスケマン
jimdoが “38” だったのに対して、AFFINGER6のテーマを使ったWordPressだと “86” ですか‥。
こんだけモバイルでも速度出ていたら、読み込みが遅いことによるページ離脱は回避できますわ。
管理人

WordPressでも遅いテーマを使うとスコアは下がります。

 

デザインが楽!プラグイン便利!

WordPressだと、例えば「文字下に蛍光ペン」の装飾一つでもボタン一つで完了するので作業がスムーズです。

AFFINGER6 デザイン 装飾

検閲タマスケ
検閲タマスケ
jimdoやとHTMLコードいちいち触らなアカンかったから‥メッチャ時短になるって話やな。
他にも‥この “会話風吹き出し” とか、後から「プラグイン」で機能を追加できるからメチャ便利よ。
管理人

会話風吹き出し プラグイン

 

どんどん便利になっていくWordPress

現在WordPressがブロックエディターという、jimdoみたいに「視覚的に誰でもカンタンに編集できる」機能をメインにしようとしています。

jimdoのブロックエディター画面

ブロックエディターでは、ページ内にブロックを追加していく様に編集・作成していきます。

ブロックエディター jimdo

ずっとjimdoは従来よりブロックエディターで「誰でもカンタンに‥」がウリでしたら、WordPressでもブロックエディターが実装されてしまいました。

怪人タマスケ
怪人タマスケ
最近このサイトもAFFINGER6にアプデしたけど、それもブロックエディターに対応するため‥って感じでしたよね。
これまでのクラッシクエディターでも満足でしたが、ブロックエディターが主流になると本格的にjimdoヤバイと思います。
管理人

これからブログされる方には、WordPress一択でオススメします!

 

◎ WordPressのデメリット

jimdoで6年、WordPressで半年以上ページを作成している管理人がjimdoとWordPressを比較した場合のWordPressのデメリットを挙げていきます。

ブログの3要素 WordPress

WordPressでブログを開設する場合には自分でサーバーとドメインを取得する必要があることが、jimdoおよび他のブログサービスと異なる点でしょう。

 

初期コストが若干高い

jimdo proが年額¥11,580円(月額¥965円)で始められるのに対して、WordPressの場合は以下の初期コストが発生しました。

レンタルサーバー代

現在このaokibosai.jpでも使用しているXサーバーだと、月額¥1,100円かかります。

Xサーバー 10 料金

参考Xserver公式サイト

 

ドメイン取得

Xサーバー上でドメイン取得すれば、最初の1つについては.comや.netの新規取得1円~となっています。

Xサーバー ドメイン 取得

参考Xserver公式サイト

 

有料テーマの導入

WordPress自体は無料で使用できますが、有料テーマ(テンプレート)を導入すると便利です。

AFFINGER6 ACTION

参考AFFINGER6(アフィンガー)公式サイト

化学タマスケ
化学タマスケ
ちなみにWordPressテーマって沢山あるけど‥何で、このAFFINGER6って有料テーマにしたん?
管理人

ワードプレスのテンプレートでおすすめは「LION MEDIA」「賢威」「stinger」「セオリー」です。

「stinger」はSEO対策の更新頻度が非常に高い国産のテーマなのです。なのでSEO対策に特化した内部構造になっています。

参考現役LPO会社社長から学ぶ コンバージョンを獲る ランディングページ

AFFINGERの旧名称が「stinger」です。

囚人T
囚人T
まんまと‥ってワケですか。

いや実際に大満足してますし、トッププロが勧めてるんやから間違いないでしょ!
管理人

 

導入のハードルが高い⁉

よくWordPress使用時のサーバーおよびドメイン設定のハードルが高いと言われますが、そんなことありませんでした。

WordPress簡単インストール Xサーバー

タマスケ博士
タマスケ博士
jimdoという「誰でも簡単に‥」が謳い文句のツールを使っておったワシでもできるんじゃろうか?
むしろ見方によってはWordPressの方が「誰でも簡単に‥」な部分ありますし、全然できますよ。
管理人

 

サポートが無い⁉

jimdo proには「メールでのサポート」のサービスがありますが、無料のWordPressにサポートはありません。

jimdo サポート

名探偵タマスケ
名探偵タマスケ
あれれー、今jimdoのサポートみてみたら‥問い合わせで込み合ってるみたいだねー。
もしかしたら、ググって解決できそうなこともサポートに問い合わせる方が多いのかもしれません。
管理人

しかし以前、困った時にXサーバーのサポートへ問い合わせしたところ‥丁寧に対応をして頂いて問題解決したことがありました。

参考
Twitterカード 表示されない
【解決!】Twitterカード表示されない問題

続きを見る

水晶タマスケ
ちなみにWordPressとかAFFINGERはユーザー数が桁違いに多いから、大概ググれば誰かが情報をアップしてくれてる‥。
よっぽどサポートを多用したい‥って事情がなければ困ることないし、分からなければ調べるだけって感じです。
管理人

WordPressのデメリットを鑑みても、それを上回る恩恵があると断言できます。

参考
WordPress ブログ 始め方
【初心者🔰向け】10分でブログ開設!WordPressの始め方を管理人が解説【#発信しよう】

続きを見る

 

◎ まとめ

  • 月間25万PVのaokibosai.comを「jimdo」で、月間25万PVのaokibosai.jpを「WordPress」で作成した管理人が、両者を徹底比較した。
  • jimdoを使用するメリットとして「誰でも簡単にできる」点が挙げられていたが、WordPressでもブロックエディターが実装された為、これからブログされる方には、WordPress一択でオススメしていた。
  • WordPressのデメリットとして、初期コストが若干高いことや導入の難易度およびサポートが無いことが挙げられたが、そのWordPressのデメリットを鑑みても、それを上回る恩恵があると断言できた。
  • この記事を書いた人

アオキ シュンスケ

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-ブログ