その他 訓練

社内救命講習の模様

社内救命講習の模様
不安タマスケ
不安タマスケ
もし目の前で人が倒れていたら‥どうすればいいか分からない!
先日、青木防災㈱内にて弊社の義平社員が講師となって救命講習が行われたので、その模様を紹介するね!
管理人
消防署予防課のタマスケ
予防タマスケ
防災屋さんって消防用設備等の設置・点検だけじゃなくて、そういう事もするんですか?
おそらく一般的ではありませんが「大切な人の命を救う」という大目標に寄与する一つの取り組みとして、将来的には消防訓練等と兼ねて実施出来れば‥という思想に基づいて義平社員発案で行われたのです。
管理人

大切な人の命‥「人の命は大切である」ということと 「大切な人」の命のダブルミーニングを意識した管理人オリジナル表現。

 

社内救命講習の模様

◎ 講話

講話は計4~5班に分かれて実施され、管理人は松本部長梶谷社員と同じタームに参加しました。

救命タマスケ
救命タマスケ
義平社員、「救急車が到着するまでの平均時間が8.6分」とか「心肺機能停止傷病者に一般市民が応急手当がされた場合とそうでない場合では1か月後生存率が1.8倍になる」といった話をしていたね。
たまたま傷病者を目撃した自分が応急手当を出来るかどうかで、その人が助かる確率が2倍になる‥逆に言うと何も出来なければ生存率を下げてしまうので動けるように準備しておきたいです。
管理人

一般市民の応急手当

心肺機能停止の時点を一般市民により目撃された傷病者のうち、一般市民により応急手当が行われた傷病者の1か月後生存率は16.6%となっており、応急手当が行われなかった場合(9.4%)と比べて約1.8倍高い。また、1か月後社会復帰率についても応急手当が行われた場合には11.9%となっており、応急手当が行われなかった場合(4.6%)と比べて約2.6倍高くなっている。

一般市民による応急手当の実施の有無

参考平成30年版 消防白書

 

◎ 負傷者の運搬方法

ぐったりした人を運ぶ為の効果的な手段を学びました。

負傷者をおんぶするときの手の組み方

タマスケマン
タマスケマン
オッサンがオッサンを抱きかかえるという、非日常な光景・体験ができたよね。
オッサンの重量とか、オッサンの床面に対する摩擦力とかを肌で感じられる貴重な体験でした。
管理人
絶望タマスケ
絶望タマスケ
いやオッサンの話してる時に『肌で感じられる‥』ってワード使うなや、何かゾッとしたわ。

 

ここに注意

社内救命講習中、何度か四肢動物の目線の高さに人の顔が移動することがあります。その際に近くに犬や猫がいると『チャンス‥!』と、これ見よがしに集まって講習の妨げになりますので注意して下さい。

NGシーン 運搬方法

 

◎ 応急処置の方法

 

『大丈夫ですかー?』

おでこを押さえておく

アンケート猫
アンケート猫
声をかけて気が付いたときに思いっきり起き上がってきた人と頭を『ゴチン!』する可能性があるので、おでこを押さえておくってのは目からウロコやったよね。
半身マヒになっている可能性もあるので、右肩と左肩を交互に叩くってもの「もし知らなければ実施し得ない」行為でした。
管理人

 

心臓マッサージ

心臓マッサージ

歌いタマスケ
歌いタマスケ
アンパンマンのマーチのテンポで‥ってのを再確認して『そうだっ♪ 恐れないで‥』と脳内再生しながら、手のひらの下の方を使って心臓マッサージしましたよ。
BPM100位の曲が良いっぽいです、Maroon5のMapsにしようかとBPMを調べたら120って書いてあったので早過ぎました。
管理人

BPMとは‥Beats Per Minuteでテンポの単位で音楽用語だと一分間の拍数のこと。 医学用語だと心拍数の単位で一分間に心臓が拍動する回数のこと。

 

AED

AED 取付

理論武装タマスケ
武装タマスケ
AED使用手順をアナウンスしてくれる機能があったから、その通りにやればOKやったよね。
この時、例えば女性の服を脱がせても支障はないか…みたいな話があるんですけど、基本的に “わいせつ行為” には該当しないので躊躇せずAED使いましょう。
管理人

刑法176条(強制わいせつ)

13歳以上の者に対し、暴行又は脅迫を用いてわいせつな行為をした者は、6月以上10年以下の懲役に処する。13歳未満の者に対し、わいせつな行為をした者も、同様とする。

わいせつな行為とは‥体への接触・キス・衣服を脱がせること等の行為。性交については刑法177条で強姦罪が規定されており、わいせつな行為には含まれない。
参考わいせつな行為・みだらな行為・淫行の違いは何?

 

◎ 救命講習を終えて‥

訓練用の人形 AED

まず義平社員、訓練お疲れ様でした。

教えてもらわなければ行動できなかった事が多々あり、また応急手当について想定するキッカケにもなり非常に有難い思いです。

もし次に自分が倒れている人や傷病者を見かけたときは、習った手順で処置しようと心に誓っております。

以前、早朝に青木防災㈱の目の前の道路で管理人の目の前で「バイクに乗った人がトラックに当て逃げされる」という瞬間を目の当たりにするという出来事がありました。

バイクの運転手は倒れて、ヘルメットが脱げてスキンヘッドの頭から真っ赤な血が出ていました。

『え…!』呆然として固まってしまいました。

すると即、駆け寄って応急処置をされた方と道路の交通整理をされる方が現れました。

ほんの数秒のこと、メチャクチャ手際が良かった理由は「平野消防署の通勤路だったから」からです。

交通整理されていた方をよく見ると、平野署の予防担当者さんでした。

プロや訓練を受けている方の動きは、あれほど早いのかと驚きました。

まもなく弊社員が携帯電話で119番しながら歩いてきました。

当時の自分はその間、何もできず戸惑っただけでした。

オイオイ、何でスキンヘッドやねん…とか思っただけでした。

あれ以来『もし同じ様な出来事があったら、心の準備をしておこう‥!』と思っているのですが、今回それを再確認すると共に知識も着けることができました。

「準備をしていなければ、人は動けない。」ということを経験した身として、訓練しておくことが如何に重要かということを伝えたいです。

消防法で定められた訓練に加えて、この様な救命講習のエッセンスも定期的に加えられれば良いなと思いました。

 

◎ まとめ

救命講習中 タマスケ

  • 先日、青木防災㈱内にて弊社の義平社員が講師となって救命講習が行われたので、その模様を紹介した。
  • 講話・負傷者の運搬方法・応急処置の方法といった内容があり、心臓マッサージやAEDの使用方法などの流れを体験した。
  • 「準備をしていなければ、人は動けない。」という事を経験的に知っている身として、定期的に救命講習の様な内容を復習すべきだと思った。
  • この記事を書いた人

アオキ シュンスケ

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-その他, 訓練