その他

もし消防設備士が「組織のネコ」という働き方を読んだら

組織のネコ トップ画 消防設備士

https://aokibosai.jp

お悩みタマスケ
お悩みタマスケ
このまま “組織のイヌ” みたいな働き方していていいのかな‥?
そんな違和感ある人の為の‥打って付けの本ありましたので紹介しますね!
管理人

まさに弊社には文字通り「組織のネコ(有名)」やイヌもいるのでジャケ買いして一読させて頂きました。

組織のネコ タマスケ広報課長

我々のキャリアを考える上で、かなり良書でしたので消防設備士のフィルターを通して概要を紹介していきます。

もし消防設備士が「組織のネコ」という働き方を読んだら

◎「組織のネコ」って何⁉

本書における「組織のネコ」の定義は以下の通りです。

組織には属していても、ネコのように自由気ままな人。
自分の意思がしっかりあるので会社の指示を何でも聞くとは限らない。

その他3匹の動物を例に挙げて、以下の四象限で組織で働く人を分類して話が進められています。

組織のネコ タマスケ

まず本書で問われているのは『あなた会社のイヌ的な働き方しているけど、向いてる?』って話です。

占い師タマスケ
P.34に「組織のネコ度チェックリスト」あったけど‥管理人お前どうやったん?
ガッツリ「組織のネコ」タイプでした‥。
管理人

P.35 ぜんぶあてはまった方、おめでとうございます!あなたはきっと、すでに職場で変わり者扱いされていることでしょう(笑)。このままネコ道をお進みください。

いや “ネコ道” ってなんやねん⁉‥って話が、次の「トラリーマン」のキャリアになります。

 

◎「トラリーマン」を目指せ

これまで本当は「組織のネコ」の方が向いているにも関わらず、イヌ的な働き方をしていた “隠れネコ” な人がいると指摘されています。

組織のネコ 4タイプ

参考組織のネコという働き方 Amazon

検閲タマスケ
検閲タマスケ
上図を踏まえて、まず自分が「組織のネコ」的な働き方の方が向いている可能性があるかもしれないと自覚することが大事。
そして、もし「組織のネコ」なのであればライオンを目指さずにトラ的なキャリアアップを図るべきだというのが本書の主張。
管理人

トラリーマンについて、本書の冒頭で以下の通り説明されています。

最近、会社員でありながら会社の枠にとらわれずに自由に自己実現している人たちがちらほら出てきています。会社の資産を活かしながら突出した成果を上げ、社命ではなく自分自身の使命に従って仕事をしていく人たちです。

そんな “トラリーマン” の生態について把握する為、本署では実際に各業界で活躍するトラリーマンへ著者がインタビューをしていくという進行になっています。

大阪のオバタマ
大阪のオバタマ
ほんならウチも “消防設備業界のトラ(※自称)” としてポジショントーク展開していかなアカンわな!
あなたの服のそれは “ヒョウ柄” ちゃいまっか?
管理人

続いて、消防設備士と “トラリーマン” 的な働き方の相性について考えていきます。

 

◎ 消防設備士のレール観

消防設備士 レール

かく語る管理人も転職して消防設備士になっている通り、消防設備業界に足を踏み入れる人はセカンドキャリア以降な場合が多いと思っています。

ヤバいタマスケ
ヤバいタマスケ
業界が小さいし、知名度も果てしなく低いからファーストキャリアで消防設備士になる人って後継ぎ候補か変人(※偏見)しかいない‥。
そもそも、ある程度ファーストキャリアで上手くやれる人は「組織のイヌ」⇒「組織のライオン」って王道歩めるから消防設備業界には来づらい。
管理人
二宮タマスケ
二宮タマスケ
よって消防設備業界に足を踏み入れた人は「組織のネコ」的な働き方が向いている人が多い可能性が高いのではないでしょうか。
多分かく語る管理人も「組織のネコ」な部類ですし、それならば「組織のトラ」的なキャリアアップを志向した方がいいと分かります。
管理人

市場的に「組織のネコ」っぽい働き方を “したい人(※向いているとは言い切れない)” が消防設備業界には集まりやすい。

 

◎「組織のネコ」が増えると困る⁉

タマスク2

参考タマスク2

本書では実際に活躍されているスゴ腕な「組織のトラ」である方々の事例が紹介されていますが、それらは果たしてマネできるのでしょうか?

P.49 サイトウさんは「従来とはまったく異なる切り口から事業を創り出し、日本の社会課題解決にも繋がる挑戦をしている “革新者” たちを100人発掘し、ネットワーク化する」という目標を立て、なんと自ら一人ひとりに直接会いに行き、3年以上かけて実現しました。

理論武装タマスケ
武装タマスケ
いや多分これ登場人物メッチャ頭イイでしょ‥。
一見「組織のネコ」に分類されそうだけど、超・実力主義な働き方はできないので「組織のイヌ」でいるしかない‥って人もいそう。
管理人
ゾロ猫
ネコ剣士
そもそも「組織のネコ」みたいな働き方をする人ばかりでは組織が回らないのでは?
そこについては、その市場で集めることができる人のポテンシャルに寄るのかと思いました。
管理人

本書では、この『組織のネコ・トラが増え過ぎたら組織は成り立たないのでは?』という問いに対して、以下の言い換えをしています。

P.186 「自分で考えて動くメンバーが増え過ぎると組織が成り立たないのでは?」

ただし、ただし書きで「お互いの意見を建設的にすり合わせる仕事の進め方がキモ」と記載されており、そこが正直なところ消防設備業界では時に厳しい条件かと思っています。

囚人T
囚人T
この人がアタマ使った風の動きすると、結果的に組織にとってマイナスだな‥って場面に遭遇することあるので一概に支持できないところあります。
同業他社さんでも、この現実を噛み締めた上で割り切って徹底的に「組織のライオン」と「組織のイヌ」で組織作りしている社長さん知っていますわ。
管理人

各々が置かれた市場で最大限のパフォーマンスを発揮できる状態にフォーカスした上で、どのタイプが組織最適か?を考える必要がありそうです。

 

◎ 自由 “も” ある組織作り

組織のネコ 自由

管理人が「組織のネコ」的な働き方ができている理由に、弊社長が「組織のトラ」であり理解者(庇護者)であることが挙げられます。

P116.117 経営層の理解者もまた「トラ」である場合が多いです。トラリーマンからすると、「あの人(経営層のトラ)がいるから自分はこの組織でがんばれる」と感じていることがよくあります。逆に、その人がいなくなってイヌ派ばかりになってしまうと、トラはその組織で生息できなくなったり去りたくなったりしがちです。

怪人タマスケ
怪人タマスケ
管理人お前、実際に生息できなくなりそうな時あったもんな。
あの頃は今よりも随分と未熟でしたから全体が見えていませんでした‥弊社長には感謝の気持ちでいっぱいです。
管理人

こちらもCHECK

消防設備士 ブログ 理由
【理由】なぜ消防設備士がブログを書き続けるのか

続きを見る

P.181 トラの仕事は、視座の高い経営者からは「短期的なKPIのためだけではなく、長期的な成果のためにやる価値がある」と理解してもらえます。

タマスケマン
タマスケマン
まさに弊社長は『(責任はこっちで持つから)自由にやってみろ』って度々仰って下さいます。
その期待を裏切るわけにいきませんから‥おのずと全力で取り組んで成果を出そうとしますよね。
管理人

自らが「やりたいです!」を手を挙げて提案したことについて承認されれば、それに対して言われる以上に全力で成果を出せる様に取り組むのが「組織のネコ」や「組織のトラ」でしょう。

データマスケ
データマスケ
そして結果出さなアカンのは、イヌもネコもトラもライオンも同じやで。
我々はプロとして会社に属しており、その対価としてメシを食わせて頂いているワケですからね。
管理人

そんな「組織のネコ」や「組織のトラ」の居場所 “も” ある組織が、これから伸びていくのではないかというのが本書の主張です。

P.205 きっと、お客さんのことや事業が長続きするために大事なことを話し始めるはずです。トラを孤立させない組織が、変化を生み出します。トラが楽しそうにしている組織は、猫が活き活き働きます。トラを孤立させないで下さい。

上述した通り弊社長がトラ型のリーダーシップを発揮される方であり、管理人を含む弊社の「組織のネコ」は活き活きと働けている状況です。

P.36 もしこれから「組織のネコ」が増えてくるとしたら、その先の進化系にあたる「組織のトラ」の働き方は、これまで以上に注目されることになります。

どうですか?
青木防災㈱に入って「組織のトラ」が働いている姿をみて、共に「組織のネコ」として働きたくなりませんか?
タマスケ広報課長の様に‥。

※定員に達し次第、募集終了します

青木防災㈱求人に応募

✉info@aokibosai.com宛てに履歴書送付下さいませ。

本ブログで紹介しきれなかった貴重な内容をフルで確認されたい方は「組織のネコ」という働き方を是非ご一読下さいませ。

◎ まとめ

  • 文字通り「組織のネコ(有名)」やイヌもいるのでジャケ買いしたところ、かなり良書だったので消防設備士のフィルターを通して概要を紹介した。
  • もし「組織のネコ」なのであればライオンを目指さずにトラ的なキャリアアップを図るべきだというのが本書の主張であり、理想像であるトラリーマンについて複数の突出した成功事例が紹介されていた。
  • 管理人が「組織のネコ」的な働き方ができている理由に、弊社長が「組織のトラ」であり理解者(庇護者)であることが挙げられた。
  • この記事を書いた人

管理人

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-その他