消防設備士 資格試験

【過去問】消防設備士 特類【構造・機能】

特類 過去問 構造・機能

https://aokibosai.jp

お悩みタマスケ
お悩みタマスケ
消防設備士の “特類” に出題される構造・機能パートは、一体どうやって勉強すればいいの!?
特類の構造・機能パートについては、1~5類の消防設備士試験の構造・機能に出る様な問題のみで構成されています。
管理人
ドタマミンゴ
ドタマミンゴ
‥ってことは、1~5類で勉強したことを覚えていさえすれば正答できるの!?
その通りです。構造・機能パートも過去に出た問題の傾向を把握した上で準備すれば得点源になりますよ!
管理人

 

また、以下のコメントを頂きましたので本記事の執筆に至りました。

お世話になります。

伊藤文雄

特類は、参考となる資料がほとんど無いため、過去問のご提供は、受験する人にとって、勉強のより所になります。

価格は、多少高くなっても、受験される方は、購入されるのではないでしょうか。ご提供よろしくお願い致します。

特類は受験される方が非常に少ないのでコンテンツを作っても反響が乏しいですが、他にも同様のお声を頂いておりますので着手してみます。

 

特類の構造・機能パートに出る問題は、大まかに以下の通りです。

  • 1~5類の法令で出題された “構造・機能”

 

したがって過去問の傾向を把握した上で、元の法令も読んでおけば正答率を上げられるでしょう。

では消防関係法令パートに引き続き、管理人が大阪会場で受験した計2回の特類に出題された問題を元に、過去問の傾向を解説していきます。

 

【過去問】消防設備士 特類【構造・機能】

①屋内消火栓

屋内消火栓の配管に関する基準について、次のうちから誤っているものを一つ答えよ。

  1. 専用とすること。ただし、屋内消火栓設備の起動装置を操作することにより直ちに他の消火設備の用途に供する配管への送水を遮断することができる等当該屋内消火栓設備の性能に支障を生じない場合においては、この限りでない。
  2. 加圧送水装置の吐出側直近部分の配管には、逆止弁及び止水弁を設けること。
  3. 主配管のうち、立上り管は、管の呼びで40mm以上のものとすること。
  4. 配管の耐圧力は、当該配管に給水する加圧送水装置の締切圧力の1.5倍以上の水圧を加えた場合において当該水圧に耐えるものであること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 3

【解説】

消防法施行規則 第12条〔屋内消火栓設備に関する基準の細目〕にて、以下の通り規定されています。

主配管のうち、立上り管は、管の呼びで50mm以上のものとすること。

消火栓 メイン管

よって、3.の「主配管のうち、立上り管は、管の呼びで40mm以上のものとすること。」が誤りです。

土方タマスケ
土方タマスケ
細せぇ配管だと、まだ施工が楽だよなぁ。
100Aのスケジュール管とか、極悪ですよね…。
管理人
参考
連結送水管 新設工事
【8F建て】連結送水管の新設工事【設置基準】

続きを見る

 

②閉鎖式スプリンクラーヘッド

スプリンクラー設備について、次のうちから誤っているものを一つ答えよ。

  1. 閉鎖式スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備は、当該ヘッドが作動した場合に直ちに放水することが求められている。
  2. 流水検知装置は、閉鎖型ヘッドが作動した場合、水の流れを検知して加圧起動装置を自動的に起動させるとともに、警報装置に信号を発する。
  3. 予作動式スプリンクラー設備は、配管の凍結防止やヘッドの事故などによる不時放水防止を図るものであり、ヘッドが開放後1分以内に放水を開始するものである。
  4. ラック式倉庫用スプリンクラー設備は、ラック式倉庫以外の倉庫には設置することができない。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 1

【解説】

消防法施行規則 第14条〔スプリンクラー設備に関する基準の細目〕にて、以下の通り規定されています。

乾式又は予作動式の流水検知装置が設けられているスプリンクラー設備にあっては、スプリンクラーヘッドが開放した場合に1分以内に当該スプリンクラーヘッドから放水できるものとすること。

閉鎖型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備には、乾式・予作動式等の方式があります。

ヘッド作動後1分以内に作動すればよいとされている為、1.の「‥当該ヘッドが作動した場合に直ちに放水することが求められている。」が誤りです。

スプリンクラーヘッド 開放機構

 

③スプリンクラー設備の制御弁

スプリンクラー設備の制御弁の位置について、正しい記述を次のうちから一つ選んで答えよ。

  1. 開放型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備にあっては、配管の系統ごとに制御弁を設ける。
  2. 閉鎖型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備にあっては、放水区域ごとに床面からの高さが0.8以上1.5m以下の箇所に制御弁を設ける。
  3. ラック式倉庫の閉鎖型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備あっては、その当該防火対象物の階ごとに床面からの高さが0.8以上1.5m以下の箇所に制御弁を設ける。
  4. 特定施設水道連結型スプリンクラー設備にあっては防火対象物又はその部分ごとに、それぞれ制御弁を設ける。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 4

【解説】

消防法施行規則 第14条〔スプリンクラー設備に関する基準の細目〕にて、以下の通り規定されています。

三 制御弁は、次に定めるところによること。

  • イ 制御弁は、開放型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備(特定施設水道連結型スプリンクラー設備を除く。)にあつては放水区域ごとに、閉鎖型スプリンクラーヘッドを用いるスプリンクラー設備(特定施設水道連結型スプリンクラー設備を除く。)にあつては当該防火対象物の階(ラック式倉庫にあつては、配管の系統)ごとに床面からの高さが0.8以上1.5m以下の箇所に、特定施設水道連結型スプリンクラー設備にあっては防火対象物又はその部分ごとに、それぞれ設けること。

よって、4. の「特定施設水道連結型スプリンクラー設備にあっては防火対象物又はその部分ごとに、それぞれ制御弁を設ける。」が正しい。

 

④スプリンクラー設備の送水口

スプリンクラー設備の送水口の設置高さについて、正しいものを一つ選んで答えよ。

  1. 送水口の結合金具は、地盤面からの高さが0.3m以上1m以下で、かつ、送水に支障のない位置に設けること。
  2. 送水口の結合金具は、地盤面からの高さが0.5m以上1m以下で、かつ、送水に支障のない位置に設けること。
  3. 送水口の結合金具は、地盤面からの高さが0.5m以上1.5m以下で、かつ、送水に支障のない位置に設けること。
  4. 送水口の結合金具は、地盤面からの高さが0.5m以上1.5m以下で、かつ、送水に支障のない位置に設けること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 2

【解説】

消防法施行規則 第14条〔スプリンクラー設備に関する基準の細目〕にて、以下の通り規定されています。

  • ハ 送水口の結合金具は、地盤面からの高さが0.5m以上1m以下で、かつ、送水に支障のない位置に設けること。

自ら率先して送水口の標識を持つタマスケ広報課長

よって、2. の「送水口の結合金具は、地盤面からの高さが0.5m以上1m以下で、かつ、送水に支障のない位置に設けること。」が正しい。

火消しタマスケ
火消しタマスケ
まぁ、ついでやから前ブログ “スプリンクラー用送水口の送水圧力範囲について” も読んどいてもらいましょか。
特に実務でも消防設備士としてガンガン活躍されている方は、特類の受験を単なる “お勉強” とせずに何か役立てる工夫をして頂きたいです。
管理人

参考スプリンクラー用送水口の送水圧力範囲について

 

⑤泡ヘッド

泡消火設備の泡ヘッドに関する次の記述のうち、正しいものを一つ選んで答えよ。

  1. フォームヘッドは、デフューザーにより泡消火薬剤を発泡させる。
  2. フォームヘッドは、デフューザーから泡消火薬剤を発泡させるための空気を取り入れる。
  3. フォームウォータースプリンクラーヘッドは、上向型と下向型とがある。
  4. フォームウォータースプリンクラーヘッドは、デフレクタにより泡消火薬剤を発泡させる。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 3

【解説】

フォームヘッドは、金網により泡消火薬剤を発泡させます。

フォームヘッド

参考能美防災㈱ 駐車場泡消火設備

フォームウォータースプリンクラーヘッドは、デフューザーにより泡消火薬剤を発泡させます。

よって、3. の「フォームウォータースプリンクラーヘッドは、上向型と下向型とがある。」が正しい。

フォームウォータースプリンクラーヘッド

参考ヤマトプロテック株式会社 特定駐車場用泡消火設備

デフューザー【diffuser】は “散布器” と訳すことができます。

勉強タマスケ
勉強タマスケ
この辺りの問題が正答できなかった場合は、2類の勉強し直した方が無難でしょうね。
一応、特類の受験資格って1~3類のどれか取得でやけど大概は一番最後に特類やろうから復習ですな。
管理人

 

⑥不活性ガス消火設備の圧力上昇防止措置

不活性ガス消火設備が設置された防護区画内の圧力上昇を防止する為の措置について、正しいものを一つ選んで答えよ。

  1.  防護区画には消火剤放出時の圧力上昇により防護区画が破壊されないように算出した大きさ以上の避圧口を設けること。ただし、防護区画の窓・内装材等が消火剤放出時の圧力上昇に十分耐えうる場合はこの限りでない。
  2. 避圧口以上の大きさを有するダクトを設置し、避圧に効果的な曲折部を設けること。
  3. 避圧口は噴射ヘッドから放射された消火剤が直接当たる場所には設置すること。
  4. 避圧口から排出される消火剤等は、屋内の安全な場所に排出すること

☞ クリックで解答タブを表示

正解 1

【解説】

消防用設備等の設置に関する運用基準 第8節の2 不活性ガス消火設備(窒素・IG-55・IG-541を放射するもの)第2 全域放出方式に関する基準にて、防護区画内の圧力上昇を防止する為の措置である “避圧措置” について以下の通り規定されています。

規則第19条第5項第22号の2に規定する「当該防護区画内の圧力上昇を防止するための措置」とは、次による。

(1) 防護区画には消火剤放出時の圧力上昇により防護区画が破壊されないように次の式により算出した大きさ以上の避圧口を設けること。ただし、防護区画の窓、内装材等が消火剤放出時の圧力上昇に十分耐えうる場合はこの限りでない。

A=K・Q/√(P-ΔP)

A :避圧口面積(c㎡)

K :消火剤による定数 134

Q :噴射ヘッドからの最大流量(㎥/min)

=平均流量(㎥/min)×α

α:使用容器弁ごとの係数

P :防護区画の許容圧力(Pa)

ΔP:ダクトの損失(Pa)

(2) (1)の避圧口に接続されるダクトは、避圧口以上の大きさを有するものとし、避圧に悪影響を及ぼす曲折部を設けないこと 。

(3) 避圧口は噴射ヘッドから放射された消火剤が直接当たる場所には設置しないこと 。

(4) 避圧口から排出される消火剤等は、屋外の安全な場所に排出すること。

よって、1. の「防護区画には消火剤放出時の圧力上昇により防護区画が破壊されないように算出した大きさ以上の避圧口を設けること。ただし、防護区画の窓・内装材等が消火剤放出時の圧力上昇に十分耐えうる場合はこの限りでない。」が正しい。

 

⑦二酸化炭素消火設備の構造

二酸化炭素消火設備の構造に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか一つ選んで答えよ。

  1. 防火区画にに設ける出入口の扉は、当該防護区画の内側から外側に開放される構造とするとともに、ガス放出による室内圧の上昇により容易に開放しない自動閉鎖装置付きのものとすること。
  2. 防火区画の開口部に自動閉鎖装置を設けない場合は、当該開口部の床面からの高さが階高の3分の2を超える位置にあること。
  3. 自動閉鎖装置を設けない開口部の面積の合計値は、通信機器室又は指定可燃物の貯蔵・取扱所にあっては、囲壁面積の数値の1%以下であること。
  4. 自動閉鎖装置を設けない開口部の面積の合計値は、防火対象物 (通信機器室又は指定可燃物の貯蔵・取扱所を除く) の囲壁面積の数値又は囲壁面積の数値のうちのいずれか小さい方の数値の10 %以下であること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 4

【解説】

消防法施行規則 第19条〔不活性ガス消火設備に関する基準〕にて、以下の通り規定されています。

自動閉鎖装置を設けない開口部の面積の合計の数値は、前項第一号イ(イ)に掲げる防火対象物又はその部分にあっては囲壁面積(防護区画の壁、床及び天井又は屋根の面積の合計をいう。以下同じ。)の数値の1%以下、前項第一号イ(ロ)に掲げる防火対象物又はその部分にあっては防護区画の体積の数値又は囲壁面積の数値のうちいずれか小さい方の数値の10%以下であること。

よって、4. については “防火対象物” ではなく “防護区画” の囲壁面積が対象となるので誤り。

 

⑧二酸化炭素消火設備の選択弁について

二酸化炭素消火設備の選択弁に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか一つ選んで答えよ。

  1. 選択弁は、防護区画内に設けること。
  2. 選択弁には選択弁である旨及びいずれの防護区画又は防護対象物の選択弁であるかを表示すること。
  3. 一の防火対象物又はその部分に防護区画又は防護対象物が二以上存する場合において貯蔵容器を共用するときは、防護区画又は防護対象物ごとに選択弁を設けること。
  4. 貯蔵容器から噴射ヘッドまでの間に選択弁等を設けるものには、貯蔵容器と選択弁等の間に、消防庁長官が定める基準に適合する安全装置又は破壊板を設けること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 1

【解説】

消防法施行規則 第19条〔不活性ガス消火設備に関する基準〕にて、以下の通り規定されています。

選択弁は、防護区画以外の場所に設けること。

よって、1. については “防護区画内” ではなく “防護区画以外の場所” が選択弁の設置場所となるので誤り。

 

⑨粉末消火設備

粉末消火設備に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか一つ選んで答えよ。

  1. 全域放出方式のものにあっては、起動装置の作動から放出までの時間が20秒以上となる遅延装置が設けられていること。
  2. 鋼管にあっては、JISH3300に適合し、調整圧力または最高使用圧力の2.5倍以上の圧力に耐えるものであること。
  3. 加圧用または蓄圧用ガスは、窒素ガスまたは二酸化炭素とすること。
  4. 貯蔵容器などから、配管屈曲部までの距離は、当該管径の30倍以上であること(消火薬剤と加圧ガスが分離しない構造のものを除く)。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 4

【解説】

消防法施行規則 第21条〔粉末消火設備に関する基準〕にて、以下の通り規定されています。

貯蔵容器等から配管の屈曲部までの距離は、管径の20倍以上とすること。ただし、消火剤と加圧用又は蓄圧用ガスとが分離しないような措置を講じた場合は、この限りでない。

よって、4. が誤り。

 

⑩煙感知器

煙感知器に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか一つ選んで答えよ。

  1. 煙感知器は、天井と煙感知器の下方最頂部が0.6 m以内となるように設置する。
  2. 10 m以下の廊下又は廊下の各部分から1の階段に至るまでの歩行距離が10 m以下のものは当該部分に設ける煙感知器を省略できる。
  3. 階段部分には、2種の煙感知器であれば15 mごとに設ける。
  4. 廊下部分に3種の煙感知器を設ける場合は、歩行距離30 mごと1個以上設置する。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 4

【解説】

消防法施行規則 第23条〔自動火災報知設備の感知器等〕にて、以下の通り規定されています。

煙感知器(光電式分離型感知器を除く。)は、次に定めるところによること。

廊下及び通路にあっては歩行距離30m(三種の感知器にあっては20m)につき一個以上の個数を、階段及び傾斜路にあつては垂直距離15m(三種の感知器にあつては十メートル)につき一個以上の個数を、火災を有効に感知するように設けること。

よって、4. が誤り。

3種の煙感知器って‥

煙感知器は、その感度が高い方から順番に1種・2種・3種と分かれています。

3種の煙感知器

3種の煙感知器は感度が鈍い為、火災を感知するエリアも狭く設定されています。

取付け面の高さ
感知器の種別
一種及び二種
三種
4m未満
150㎡
50㎡
4m以上20m未満
75㎡

現場では主に、誤報を避けたい防火戸・防火シャッター連動用に設置されています。

>>防排煙設備“連動制御器”の交換工事

 

⑪ガス漏れ火災警報設備の設置場所

空気に対する比重が1未満のガスを扱う場合、検知器の設置位置として正しいものはどれか

  1. 換気口の空気の吹出し口から1.5 m以内の場所。
  2. ガス燃焼器の排ガスに触れやすい場所。
  3. ガス燃焼器及び当該機器が接続される末端のガス栓または貫通部から水平距離で8 m以内に設けること。
  4. ガス燃焼器及び当該機器が接続される末端のガス栓または貫通部から水平距離で12 m以内に設けること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 3

【解説】

消防法施行規則 第24条の2の3〔ガス漏れ火災警報設備に関する基準の細目〕にて、以下の通り規定されています。

イ 検知対象ガスの空気に対する比重が一未満の場合には、次の(イ)から(ニ)までに定めるところによること。

(イ) 燃焼器または貫通部から水平距離で8 m以内の位置に設けること。

ガス漏れ火災警報設備

よって、3. の「空気に対する比重が1未満のガスの場合には、ガス燃焼器及び当該機器が接続される末端のガス栓または貫通部から水平距離で8 m以内に設けること。」が正しい。

 

⑫ガス漏れ火災警報設備の音声警報装置

音声によりガス漏れの発生を防火対象物の関係者及び利用者に警報する装置について、誤っているものを一つ選んで答えよ。

  1. スピーカーは、各階ごとに、その階の各部分から一のスピーカーまでの水平距離が35m以下となるように設けること。
  2. 音圧及び音色は、他の警報音又は騒音と明らかに区別して聞き取ることができること。
  3. 常時人がいない場所に限り、音声警報装置を設けないことができる。
  4. 検知器の作動と連動し、音響によりガス漏れの発生を検知区域において防火対象物の関係者に警報する装置は、当該検知区域警報装置から1m離れた位置で音圧が70dB以上となるものであること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 1

【解説】

消防法施行規則 第24条の2の3〔ガス漏れ火災警報設備に関する基準の細目〕にて、以下の通り規定されています。

スピーカーは各階ごとに、その階の各部分から一のスピーカーまでの水平距離が25m以下となるように設けること。

>>ガス漏れ火災警報設備について

 

⑬金属製はしごの突子

金属製はしごの突子について、正しいものを一つ選んで答えよ。

  1. 固定はしごであって、縦棒が一本の場合は横桟に二か所、突子を設けること。
  2. 固定はしごであって、縦棒が二本の場合は横桟に一か所、突子を設けること。
  3. つり下げはしごにあっては、使用の際、防火対象物から10cm以上の距離を保有するための有効な突子を横桟の位置ごとに設けたものであること。ただし、当該突子を設けなくても、使用の際、防火対象物から10cm以上の距離を保有することができるものにあっては、この限りでない。
  4. つり下げはしごであって、縦棒が二本の場合は横桟に一か所、突子を設けること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 3

【解説】

金属製避難はしごの技術上の規格を定める省令にて、以下の通り規定されています。

つり下げはしごにあっては、使用の際、防火対象物から10cm以上の距離を保有するための有効な突子を横桟の位置ごとに設けたものであること。ただし、当該突子を設けなくても、使用の際、防火対象物から10cm以上の距離を保有することができるものにあっては、この限りでない。

タマスケマン
タマスケマン
シュワッチ!吾輩の “突子” は去勢済みの為、既に機能しておりません!

突子(とっし)とは…

突子(とっし)は避難はしご降下の際「横滑りを防止する」為、つまりグラグラしない様に設けられるものです。

突子 とっし 避難はしご

避難はしごが壁面に『ペタァ‥』と接触すると手足が掛かり辛い為、空間を設ける役割もあります。

 

⑭ハッチ式避難はしご

ハッチ式避難はしごの降下空間に関する記述として、正しいものはどれか

  1. 器具を中心とした半径0.5 mの円柱形に含有される範囲以上。
  2. 器具を中心とした半径1 mの円柱形の範囲。
  3. 縦棒の中心線からそれぞれ外方向に0.2 m以上及び器具の前面から奥行0.65 m以上の角柱形の範囲。
  4. ハッチ開口部から降着面などまで当該ハッチの開口部の面積以上を有する角柱形の範囲。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 4

【解説】

消防用設備等の設置に係る運用基準 第1節 避難器具 表3 避難器具の降下空間にて、以下の通り規定されています。

ハッチに格納された避難はしご及び救助袋の降下空間は “ハッチ開口部から降着面などまで当該ハッチの開口部の面積以上を有する角柱形の範囲” 

避難ハッチの降下空間

タマスケ博士
タマスケ博士
この降下空間をモノで遮ってはいけないんじゃ‥!
せめて避難はしごの真下にモノを置かないとかは協力お願い致します。
管理人

 

⑮救助袋

救助袋に関する次の記述のうち、正しいものを一つ選んで答えよ。

  1. 袋本体は合成繊維または木綿(もめん)布を用い、袋の直径は0.4mのものが多い。
  2. 垂直式救助袋は斜降式救助袋と比べて1/5~1/3位の狭い避難空地で足りる。
  3. 垂直式・斜降式救助袋の取っ手の数は、共に4個以上あればよいとされている。
  4. 垂直式・斜降式救助袋には、下部支持装置を必ず設けること。

☞ クリックで解答タブを表示

正解 2

【解説】

消防庁告示第一号 避難器具の基準にて、以下の通り規定されています。

垂直式の救助袋にあっては「直径50cm以上の球体が通過することができるものであること。」とされているので、1. は誤り。

垂直式の救助袋は「四個以上の取手を出口付近に、左右均等に、かつ、強固に取り付けたものであること。」と謳われており、斜降式の救助袋は「六個以上の取手を出口付近に、左右対象に、かつ、強固に取り付けたものであること。」と規定されているので、3. も誤り。

救助袋は、入口金具、袋本体、緩衝装置、取手及び下部支持装置等により構成されるものであること。ただし、降着の際強い衝撃を受けるおそれのないものにあっては緩衝装置を、垂直式の救助袋にあっては下部支持装置を設けないことができる。…と規定されているので、4. も誤り。

また、消防用設備等の設置に係る運用基準 第1節 避難器具 表4 避難器具の避難空地にて以下の通り規定されています。

  • 垂直式救助袋‥降下空間の水平投影面積以上の面積
  • 斜降式救助袋‥展張した袋本体の下端から前方2.5m以上および当該救助袋の中心線から左右それぞれ1m以上の幅

よって、2. が正しい。

噂タマスケ
噂タマスケ
ヒソヒソ(…この問題って普通に考えたら分かりますよね。)

コチラもご覧下さい

 

◎ まとめ

  • 特類の構造・機能パートに出る問題は1~5類の法令で出題された “構造・機能” である為、過去問の傾向を把握した上で、元の法令も読んでおけば正答率を上げられた。
  • 消防関係法令パートに引き続き、管理人が大阪会場で受験した計2回の特類に出題された問題を元に、過去問の傾向を解説した。
  • 構造・機能パートも過去に出た問題の傾向を把握した上で準備すれば得点源にできた。
  • この記事を書いた人

アオキ シュンスケ

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-消防設備士, 資格試験

© 2021 青木防災㈱