消防設備士 資格試験

消防設備士が消防設備士以外に取るべき資格3つ

消防設備士以外に取るべき資格3つ
二宮タマスケ
二宮タマスケ
消防設備士の免状は一通り取得するつもりだけど‥、他に消防設備士の実務をする上で必要となる資格(免許)って何があるかな?
この仕事に携わってから資格たくさん取りましたけど『コリャ持ってた方が良い!』と思ったものが3つ程ありましたので紹介します。
管理人
アンケート猫
アンケート猫
資格があれば、できる業務の幅も広がりますね!

 

以下に当てはまる方を、読者として想定します。

  • これから消防設備士として働く上で資格取得していく人
  • 資格の種類が多くて何を取得すればいいか分ってない人
  • ワンランク上の消防設備士として仕事をしていきたい人

 

エキスパート消防設備士への一歩として、資格取得にも注力していきましょう!

 

消防設備士が消防設備士以外に取るべき資格3つ

 

①電気工事士

電気工事 クランプメーター

 

第二種電気工事士

自動火災報知設備や誘導灯といった設備の電源を触らなければ仕事になりませんから、消防設備士の実務をする上で電気工事士の取得はmustと言えるでしょう。

電柱タマスケ
電柱タマスケ
『ショーボー』って単語だけ見ると電気ってイメージしづらいですけど、ほとんどの場合ガッツリと電気触りますからね。
消防用設備点検で配線の試験しますし、工事でも電気屋さんに頼まず自分達で触れた方が効率いいですから要取得かと。
管理人
施工管理ネコ
施工管理ネコ
青木防災㈱の社員も、現場出る者は全員電気工事士持ってますね。

 

あと、甲種消防設備士の受験資格満たす為にも乙6消防設備士を取得した後に電気工事士の取得が推奨されます。

消防設備士 どの類に
オススメ!消防設備士試験に挑む順番

続きを見る

 

②防火対象物点検資格者

防火対象物点検資格者

 

防火対象物点検資格者

新宿歌舞伎町ビル火災を契機に制度化された「防火対象物点検」を実施する為に必要なのが、この防火対象物点検資格者になります。

点検タマスケ
あれって「特定防火対象物に該当して、かつ収容人員300名以上」って比較的大規模な建物だけが点検対象じゃなかったっけ?
それ以外にも「特定一階段等防火対象物(3階以上に特定用途があって屋内階段が1本しかない建物)で収容人員30名以上でも点検対象になるから、割と小さめの建物でも防火対象物点検の実施義務生じ得るんです。
管理人

(6)項ロ 福祉施設の場合は特定一階段等防火対象物だと収容人員10名以上から防火対象物点検の実施義務あるので要注意!

 

タマスケ団員
タマスケ団員
また、防火対象物点検については消防設備士が消防用設備点検と同時実施するのが一番効率が良いでしょう。
お客様も安価で済ませられて建物を利用される方々を安心させられますから、サービス的にも「三方よし」を実現できます。
管理人

近江商人の経営哲学のひとつとして「商売において売り手と買い手が満足するのは当然のこと、社会に貢献できてこそよい商売といえる」という考え方を「三方よし」といいます。

 

消防設備士が実施できる価値の高い業務の一つとして、防火対象物点検が挙げられるってワケです。

 

③工事担任者

電話工事担任者

 

工事担任者

工事担任者はズバリ「火災通報装置の新設工事の際に、電話線や通信線を接続するため。」だけに必要となります。

結線タマスケ
結線タマスケ
えっ、火災通報装置への電話線接続って説明書みながら一瞬で完了するやつちゃうん…?
作業的には一応そんな感じなのですが、工事担任者の免許は必要ですし所轄消防署に提出する着工届にも工事担任者の名前を書く欄があります。
管理人

よって火災通報装置の新設をサービスの一つとして実施される場合は、工事担任者の免状も必要となります。

 

画家タマスケ
画家タマスケ
ちなみにアレ最近AIとかDDって名前が変わるんだよね?
そうなんですよ。管理人の持っているAI・DD総合種は「総合通信」って名前に変更されます。
管理人

 

参考:工事担任者資格制度の見直し(令和3年4月1日から変更されるとのこと)

工事担任者資格制度の見直し

勉強タマスケ
勉強タマスケ
いや第二種なくなっても残り5つ試験あるけど、どれかオススメないの?
管理人はDD1種とAI・DD総合種をダブル受験したけど、かなり内容が被ってるから「総合通信」を受けることを強く勧めますね。
管理人
タマスケ広報課長
3Dタマスケ
ほんなら「総合通信」と「第一級デジタル通信」のダブル受験にしよっかなァ‥。
実際コレ『何で分かれてるん…?総合通信だけでええんちゃう?』って思ってます。
管理人

 

以上、①電気工事士・②防火対象物点検資格者・③工事担任者の3つが「消防設備士が消防設備士以外に取得すべき優先順位が高い資格」であるとして挙げさせて頂きました!(※所属する組織やサービス内容によって異なる可能性があります。)

 

◎ まとめ

  • 自動火災報知設備や誘導灯といった設備の電源を触らなければ仕事にならん為、消防設備士の実務をする上で電気工事士の取得はmustと言えた。
  • 消防設備士が実施できる価値の高い業務の一つとして、防火対象物点検が挙げられた。
  • 火災通報装置の新設をサービスの一つとして実施される場合は、工事担任者の免状も必要となった。

 

  • この記事を書いた人

アオキ シュンスケ

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-消防設備士, 資格試験