トラブル 消防法 点検 訓練

消防署から立入検査結果通知書が届いた後の手続き・是正方法(例)

消防 立入検査 結果通知書

https://aokibosai.jp

お悩みタマスケ
お悩みタマスケ
前に消防署の立入検査があって‥その結果通知書が届いたんだけどコレどうすればいいの?
指導されている箇所によって、是正の方法が異なるので‥プロの消防設備士である我々と共に確認していきましょう!
管理人

今回、以下の立入検査結果通知書を例にします。

消防 立入検査結果通知書

>>所轄消防署の予防担当者様が立入検査時に確認するチェック項目はコチラ

立入検査とは‥所轄消防署の立入検査は消防法第4条にという根拠法令に基づいて実施されており、不規則に防火対象物を選択して実際に立ち入ることで消防法に適合した設備を設置・維持管理がされているかを検査・確認するものです。

立入検査後の是正指導を放置し続け、逮捕に至った事例もありますので建物オーナー・管理者様は必ず確認下さい。


消防署から立入検査結果通知書が届いた後の手続き・是正方法(例)

【是正項目①】消火および避難訓練の実施

まず、一つ目の不備欠陥事項として挙げられている「防火管理者に消火及び避難の訓練を1年に2回以上実施させること(法8条令3条の2規則3条)」について解説していきます。

立入検査 消防訓練

消防法施行規則第3条第10項にて、以下の文言が謳われています。

令別表第一(一)項から(四)項まで、(五)項イ、(六)項、(九)項イ、(十六)項イ又は(十六の二)項に掲げる防火対象物の防火管理者は、令第三条の二第二項の消火訓練及び避難訓練を年二回以上実施しなければならない。

>>建物の用途については【令別表第1】防火対象物の用途とは?【判定例一覧】をご覧下さい。

消防署予防課のタマスケ
予防タマスケ
年に2回(もしくは消防計画で定めた回数)の訓練を実施する義務があることを知らない、もしくは忘れていた建物オーナー・防火管理者さん‥いらっしゃいますね。
弊社では訓練実施前の所轄消防署への “消防訓練通報書” を提出から、有意義な訓練を実施する為の補助まで一貫して行っていますので‥お困りの方はお問い合わせ頂けましたら対応可能です。
管理人

消防訓練を実施する前には、所轄消防署へ “消防訓練通報書” を提出します。

消防訓練通報書 大阪市

参考消防訓練通報書_大阪市

絶望タマスケ
絶望タマスケ
えっ、ただ『訓練しましたッ!』っていうだけじゃダメなんだ‥。
はい、ちゃんと記録をつけるためにも事前に所轄消防署へ一報をいれておくのです。
管理人

消火・避難訓練について

消火・避難訓練の実施は、消防法で定められた義務であり、その義務を怠っていた場合に防火管理者が責任が問われる可能性があります。定期的な消火-避難訓練が災害から命を守る

参考消防・避難訓練の実施義務を果たしていますか?

 

【是正項目②】誘導灯の視認障害物を撤去!

次に「誘導灯の視認障害物件は撤去すること(規則28条の3条例45条)」について解説します。

消防 立入検査 誘導灯

消防法施行規則 第28条の3〔誘導灯及び誘導標識に関する基準の細目〕にて、以下の文言が謳われています。

誘導灯の周囲には、誘導灯とまぎらわしい又は誘導灯をさえぎる灯火、広告物、掲示物等を設けないこと。

点検タマスケ
非常口の緑色のアレが、障害物のせいで見えにくくなっている状態を是正して下さい‥ってな指導内容ですな。
主に天井付近に設置されている避難口誘導灯だけでなく、通路誘導灯の場合は自分の腰より低い箇所に設置されている場合あるので併せて注意です!
管理人

通路誘導灯とは‥

誘導灯というのは言わずもがな “非常口のアレ” なわけなのですが、緑色の背景を基調としている避難口誘導灯に対して、白色の背景に小さくピクトグラムがあしらわれ、矢印が大きく描かれているのが通路誘導灯です。
最終の避難口までの避難経路に設けられる通路誘導灯 (1)

参考通路誘導灯の位置について

 

【是正項目③】消防用設備点検および報告の実施

そしてラストは「消防用設備等の点検を実施し、その結果を報告すること(未実施)(法17条3の3)」について解説します。

消防 立入検査 消防点検

消防法 第17条の3の3〔消防用設備等又は特殊消防用設備等の点検及び報告〕にて、以下の文言が謳われています。

第十七条第一項の防火対象物(政令で定めるものを除く。)の関係者は、当該防火対象物における消防用設備等又は特殊消防用設備等(第八条の二の二第一項の防火対象物にあっては、消防用設備等又は特殊消防用設備等の機能)について、総務省令で定めるところにより、定期に、当該防火対象物のうち政令で定めるものにあっては消防設備士免状の交付を受けている者又は総務省令で定める資格を有する者に点検させ、その他のものにあっては自ら点検し、その結果を消防長又は消防署長に報告しなければならない。

占い師タマスケ
えーっと、点検の実施周期って‥どんなもんやったっけ?
消防点検は半年に1回実施するって覚えておけば間違いないです!
管理人

緊急事態宣言中のみ現在、その期間を延長できることとなっています。


 

◎ 改善計画書の提出は必要?

消防署から届いた立入検査結果通知書に「改善計画書」が同封されている場合がありますが、すぐに不備欠陥事項を是正した場合は提出不要です。

消防 改善計画書 立入検査結果通知書

参考立入検査事務処理要項 第20条〔改善計画書の指導〕

トルコタマスケ
なるほど、不備欠陥事項の是正に期間を要する場合や多額の費用が掛かる場合には提出の指導がされているワケですか‥。
今回、例に挙げた立入検査結果通知書の不備事項については青木防災㈱に消防点検の依頼を頂けましたら、早急に解決できるので省略できます。
管理人
泣きタマスケ
泣きタマスケ
もし消防用設備等を法令に適合させる為に、多額の費用が要るケースに該当したら…どうしよう!?
その際は消防設備士と相談して改善計画書を作成・提出し、所轄消防署さんに『是正に向かって進んでいます!』というアピールから始めましょう。
管理人

もし立入検査結果通知書が届いたら‥弊社のメール(info@aokibosai.com)もしくはFAX(06-6792-3550)宛に立入検査結果通知書を送付頂けますとスムーズです。

立入検査後の是正お任せ下さい

お問い合わせ

※お見積り無料です

 

◎ まとめ

  • 立入検査は消防法第4条にという根拠法令に基づいて実施されており、不規則に防火対象物を選択して実際に立ち入ることで消防法に適合した設備を設置・維持管理がされているかを検査・確認するものであった。
  • 年に2回(もしくは消防計画で定めた回数)の訓練を実施する義務については、訓練実施前の所轄消防署への “消防訓練通報書” を提出から、有意義な訓練を実施する為の補助まで一貫して青木防災㈱で行っていた。
  • 消防署から届いた立入検査結果通知書に「改善計画書」が同封されている場合があるが、すぐに不備欠陥事項を是正した場合は提出不要であった。
  • この記事を書いた人

アオキ シュンスケ

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-トラブル, 消防法, 点検, 訓練

© 2021 青木防災(株)