就職・転職 消防設備士

消防設備士に向いていない人の特徴3つ

消防設備士に向いていない人の特徴
自分って‥消防設備士に向いていないかも‥、どうしよう。
タマスケ
管理人
まぁそう決めつけずに、少し “消防設備士に向いていない人の特徴” について考えてみましょうよ。

 

以下の様な読者を想定しています。

  • ☑ 就職・転職の際に消防設備士も視野に入れている
  • ☑ 自分が消防設備士になったら‥をイメージしたい

上記に当てはまる方には、是非とも熟読して頂きたいです!

 

消防設備士に向いていない人の特徴

 

✘ 不誠実な人

例えば消防用設備点検の時にズルをして、一つの部屋の感知器を試験したかどうかを後から見てもパッとは分からないわけです。

予防係タマスケ
※そんな点検は当然消防法違反です。

サボろうとすればできます、もし不備があっても『点検した時は正常でした‥』なんて逃げ方も可能っちゃ可能でしょう。

現時点では、それでも目先の「消防法上の義務をクリアする」って部分はバレずに達成できるかも知れません。

しかし手を抜いて点検報告書のみを◯にしたとしても、全然意味無いですよね。

消防法第17条の12にも 「消防設備士は、その業務を誠実に行い、工事整備対象設備等の質の向上に努めなければならない。」って謳われていますので、“不誠実な人”は向かないって話なのです。

“根はマジメ” な人が、個々の善意とかに頼らない「性悪説に基づいた組織」で活躍するのが一番いいと思ってます。
管理人

 

✘ 想像力に欠ける人

例えばお医者さんであれば、多くの場合「目の前に命の危機がある」状況で仕事をする為、否が応でも自分の仕事次第で人の生死が分けられることが想像されるでしょう。

消防設備士-想像力

一方、消防設備士の場合は自分の仕事によって「人の命が火災から救われる」可能性の一端を担ってるものの、その死の危険が目の前にあるわけではありません。

ですから、時に「想像力で意図的に危機を目前に持ってくる」様な考え方が必要になります。

『ここで改修を提案して置かないと、もしも火災があったら‥』等の “もしも” をお客様よりも考えて提案し、お客様が納得して消防用設備等の設置・維持ができるという状況が理想的です。

目先の得が、長期的な大損にならないか想像するのも仕事‥。
予防係タマスケ

 

✘ 接客・サービス業がムリな人

消防設備士の業務において顧客の声が直接自分に届くというのは “長所” でもあり、時に “短所” として捉えれられる場合もあります。

消防設備士-接客業

消防設備士の職場は「人の敷地」ですから、そこには建物の持ち主や利用者が密接に関与してきます。

できるだけ部屋に引きこもって仕事をしたい人や、不特定多数の他人と顔を合わせるだけでストレス‥という方消防設備士にはならない方が良いかもしれません。

事務所から一歩も出たくない…もうダメだコリャ!(泣)
絶望タマスケ

しかし、かく語る管理人も『部屋が好き』ですが、消防設備士の業務に従事した後に「お客様から直で感謝の声を聞くことができる」というのは魅力的で “やりがい” にもなり得ると気付きました。

何が何でも「人と一定の距離を置きたい場合」ならは、不向きだと言えるでしょう。

 

✘ その他の特徴

後は思いつくところだと‥、以下の様な場合も消防設備士に向いていない人の特徴になり得ます。

消防設備士-就職-転職

  • ☑ 高給を取りたい
もし管理人が高給を取ることについて重きを置いて働くならば、正直なところ消防設備士は選びませんね。
管理人
  • ☑ ずっと現場もしくは、ずっとデスクに居たい
タマスケ
会社にも寄りますが、現場での実務と書類作成の両方をする事が多い為、どちらかに限定するなら消防設備士は微妙でしょう。
  • ☑ お勉強をしたくない
資格試験を受けて、免状を取らなきゃ仕事ができません。
山田バイト

 

以上『好き勝手ッ‥言いやがって!』と現役の消防設備士な方々に叩かれそうですが、裏を返して頂きますと「誠実業務の先に喜びがあったり、想像力を持ってする仕事に働き甲斐を感じられる。」って話等々にもなるかと。

まぁ、結局やってみないと向いているかなんて分からないんですけどね。
管理人

 

◎ まとめ

  • 「消防設備士とは‥」なんぞ大それた事を語られるアレでもないが、自分で少し “消防設備士に向いていない人の特徴” について考えた後、弊社員にも意見を募ったところ『それな‥!』って回答を頂けたので言及した。
  • 目先の「消防法上の義務をクリアする」って部分はバレずに達成できるかも知れませんが、手を抜いて点検報告書のみを◯にしたとしても、全然意味無かった。
  • “もしも” をお客様よりも考えて提案し、お客様が納得して消防用設備等の設置・維持ができるという状況が理想的であった。
  • この記事を書いた人

管理人

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-就職・転職, 消防設備士