工事 消防法

消火水槽サクションピット深さの設計

消火 サクションピット

https://aokibosai.jp

弊社石崎工事部長より、以下の様な電話がありました。

ドッスン
ドッスン石崎
『もしもし、今事務所?』
『はい、事務所です!』
電話タマスケ
電話タマスケ
ドッスン
ドッスン石崎
『今現場で消火水槽のピット掘ってんねんけどな、ぎょうさん地下から湧き水が出てきよんねん。』
それは困りましたね…、何とかなりそうですか?
電話タマスケ
電話タマスケ
ドッスン
ドッスン石崎
ピットの深さ500mmでみとるけどな、コレ400mmでもエエか計算して欲しいねん。
了解しました!…ソッコーで分かるので、もう一回かけなおしますね。
管理人

そんなワケで、もし出先で消火水槽のピット深さが何mm以上あればいいか知りたくなった際に、素早く結果が分かる様にページを作っておくこととします。

不安タマスケ
不安タマスケ
うわぁ‥これマニアック過ぎて誰にも見られへんページ確定ちゃうん。(泣)
漢(おとこ)には…ダメと分かっていても、やらなきゃならん時があるんだよ!
管理人
泣きタマスケ
泣きタマスケ
吾輩、去勢してるんですけど‥それでもですか!?

 

消火水槽サクションピット深さの設計

◎ サクションピットとは‥

サクションピットは、地下にある消火水槽内の水を出来るだけ多く吸い取る為に設けられる一段深い部分のことです。

サクションピット

参考消火水槽内フート弁の交換工事

カッパ
カッパ
ストローで飲み物チューチューする時、できるだけ多く飲むために容器を傾けたりするのと似てる理屈よね。
あとは霧吹きの中身を最後までシュッシュッってするときとか、シャンプーの容器をカコッカコッってする時とかも斜めにします‥。
管理人
タマスケ博士
タマスケ博士
消火水槽を傾けることは出来んから、あらかじめ堀の様な部分を作っておいて残りの水を効果的に吸い込めるようにしておくんじゃ。

しかし、ただデタラメにサクションピットを作ればいいというワケではなく、ちゃんと寸法の規定があります。

 

◎ ピット深さは配管の内径で決まる

サクションピットの大きさは、消火水槽にブッ刺さっているフート弁付きの配管内径Dによって決まります。

地下水槽にサクションピットを設ける場合

参考消火水槽の試験問題が甲種2類に出たので解説します!

ゾロ猫
ネコ剣士
深さについては、水面からフート弁シート面までの1.65Dとシート面から消火水槽の底まで1D以上の和より深ければ良さそうやね。
‥ってことで、今回は100AのSGP管が消火水槽にジイちゃんのドラゴンダイブしているので寸法を確認していきましょう。
管理人

 

SGP配管の寸法・重量および寸法許容差

今回、消火水槽から消火用水を引っ張るための配管は100Aでしたので、以下の表より「D=105.3mm」であると分かりました。

SGP100A内径

※内径がdになっていて外径がDなのでヤヤコシイですが、内径dが今回必要なDになります。

参考配管用炭素鋼鋼管(SGP) の規格表 rev.1

 

フート弁の寸法に注意

 

フート弁シート面から消火水槽の底まで1D以上あればいいのですが、フート弁自体を消火水槽の底から50mm以上離す規定もある為、実際に使用するフート弁のシート面以下の寸法も確認しておく必要があります。

フート弁 機器図

参考フート弁 ㈱川本製作所

黄ネコ
黄ネコ
シート面から下部までの寸法は、機器図中でVHという表記になっている部分ですか。
はい、つまり今回VH=130mmですから、消火水槽下から50mm離して、かつ130cm消火水槽の底から上がる計算になります。
管理人
赤ネコ
赤ネコ
オイオイ、消火水槽の底から1D=105.3mm離せは良かったんとちゃうの⁉‥単純計算で180mm離さなアカンやんか。
そやねん、このフート弁のVHが割とデカいってのもあるかな。他のフート弁みたらVH=70mmって寸法のやつもあるし。
管理人
青ネコ
青ネコ
すごく‥大きいです‥

 

◎ 実際に計算してみた結果‥

さて、必要な値が揃ったので以下の通り計算していきます。

水面からフート弁シート面までの1.65D=1.65×105.3≒173.7mm

シート面から消火水槽の底まで1D以上=105.3≦180mm

これらの和を求めればよいので173.7+180=353.7mm

よって、サクションピットの深さは353.7mmあれば良いということになります。

ーーー

ドッスン
ドッスン石崎
『もしもし、おっ!有難う。ほな400mmあったらエエな。』
『そうですね!…あと、前の現場でもサクションピット深さ400mmで施工してましたよ。』
管理人

消火水槽 平面詳細図

ドッスン
ドッスン石崎
『ホンマや、500mmと違ってもエエ時あるんやな。計算しといたら損ないわ~。』
『‥ほな、宜しくお願いしますぅ。ドッスンゴレライ!(さようなら)』
電話タマスケ
電話タマスケ

 

◎ まとめ

  • 弊社石崎工事部長より、消火水槽のサクションピット『深さ500mmでみとるけどな、コレ400mmでもエエか計算して欲しいねん。』と電話があった。
  • サクションピットは、地下にある消火水槽内の水を出来るだけ多く吸い取る為に設けられる一段深い部分のことで、マニアックで誰も見ない記事の恐れがあった。
  • 実際に計算した結果、サクションピットの深さは353.7mmあれば良いということが導けた。
  • この記事を書いた人

アオキ シュンスケ

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-工事, 消防法