お勉強

「補給水槽」と「呼水槽」の違いを解説!

補給水槽と呼水槽の違い

https://aokibosai.jp

お悩みタマスケ
お悩みタマスケ
よく「補給水槽」「呼水槽」って用語使うんやけど、この2つの違いって何なん‥!?
消火設備の系統には、3つの水槽があります。
(※結婚式スピーチの3つの袋っぽい語り出し)
管理人

以下の3つが我々の生業と主に係る水槽になります。(※上から大きい順)

  • 消火水槽‥消火ポンプで加圧送水する放水用の水が入っている一番大きな水槽
  • 補給水槽‥屋上等の建物上部から配管内に重力で水を落として充水する水槽
  • 呼水槽‥「消火ポンプ」ー「地下式消火水槽」間の配管を水で満たして消火ポンプが水を引っ張れるようにするための水槽

詳細を写真付きで解説していきます!

 

「補給水槽」と「呼水槽」の違いを解説!

◎ 補給水槽とは?

補給水槽は「配管内を水で満たして置く役割」のものであり、重力で水を落としておく必要があるので高所(※建物の屋上など)にあります。

補給水槽の仕組み

参考補給水槽とは?仕組みも解説!

点検タマスケ
たまに点検しにくいトンデモな位置にあることも…。
配管内を水を満たしておかないと、放水時に空気が混ざってしまい‥。
管理人
ヤバいタマスケ
ヤバいタマスケ
エアーが噛んで‥どうなんの!?
『ゴボッ‥バァン!』みたいにエアが弾けて消火に支障をきたすのです。
管理人

こちらもCHECK

連結送水管 補給水槽 交換工事
湿式の連結送水管の補給水槽の交換工事

続きを見る

 

◎ 呼水槽とは?

地下に消火水槽がある場合のみ、消火ポンプに "呼水槽" という「消火ポンプー消火水槽(地下)間の配管内を水で満たす為の水槽」が設けられています。

呼水槽 消火ポンプ

工事タマスケ
工事タマスケ
この呼び水がないと、水を吸い上げられません‥だから地下式の消火水槽ある建物には呼水槽が必ずある!
逆に、消火ポンプに呼水槽がない場合‥消火水槽が地上にあると判断できます。
管理人

消火ポンプが故障した原因は‥

消火ポンプには「常時逃がし管」という運転時に通水する事で消火ポンプ本体を冷却する役割を持つ配管があり、それは消火ポンプ本体の呼水槽の排水管を通って呼水槽内へ循環しています。

呼水槽内排水管に入った常時逃がし配管

この「消火ポンプ」ー「呼水槽」間の排水管にある “オリフィス” という水の勢いを調節する為のパーツに、ゴミが詰まっていた事で、消火ポンプから水が噴き出していた現場がありましたので頭の片隅にでも置いておいて下さい。

参考消火ポンプ水漏れトラブルの調査結果㊙

 

◎ 消火水槽とは?

消火に用いる水の大部分が入っている一番大きな水槽が "消火水槽" であり、大きく地下水槽と地上にある圧力水槽に分けられます。

消火水槽 地下式

参考消火水槽内フート弁の交換工事

女キャッチャー
女キャッチャー
地下にある場合はフート弁という「放水時にカパッと開く、フィルター付きのぶっといストロー」を通して水をグングン吸います。
また、以下の写真の様に地上へ消火水槽を設ける現場も勿論ありますが‥設置するスペースが必要となるので条件によっては不可な場合も。
管理人

地上式 圧力水槽 消火

例えば、用途変更や違法増改築でスプリンクラー設備や屋内・屋外消火栓設備の設置義務が生じてしまった場合、後から地上に消火水槽を設置するパターンが生じます。

 

P.S ㈱石井マーク様のTwitter

実は、この “3つの水槽” の件は、Twitter上にて㈱石井マーク様より以下のご指名を頂いた際に触れていたものを活用しています。

㈱石井マーク様 ロゴ

株式会社石井マーク様のツイート

@ishiimark_sign

㈱石井マーク様 防火水槽

参考㈱石井マーク(@ishiimark_sign)様のTwitter

企業公式SNS中の人や、同業者および関西一円の方々は㈱石井マーク様青木防災㈱のTwitterアカウントはフォローしておいた方がいいらしいよ。
管理人
大阪のオバタマ
大阪のオバタマ
アンタ‥ほんまコバンザメみたいな売り込み方するよな!企業公式SNSの運用といい、消防署にくっ付いて商売する消防設備士の仕事といい‥。

ややこしい水槽の名前は、その役割や機能とセットにすると覚えやすいです!

 

◎ まとめ

  • 補給水槽は「配管内を水で満たして置く役割」のものであり、重力で水を落としておく必要があるので高所にあった。
  • 地下に消火水槽がある場合のみ、消火ポンプに "呼水槽" という「消火ポンプー消火水槽(地下)間の配管内を水で満たす為の水槽」が設けられていた。
  • 消火に用いる水の大部分が入っている一番大きな水槽が "消火水槽" であり、大きく地下水槽と地上にある圧力水槽があった。
  • この記事を書いた人

アオキ シュンスケ

【経歴】鈴鹿高専材料工学科 ⇒ 静岡大学工学部(3年次編入学) ⇒ 院 ⇒ 鈴与㈱ ⇒ 青木防災㈱【保有資格】消防設備士全類・第二種電気工事士・工事担任者(AI・DD総合種)・第三種電気主任技術者【主な活動】月刊誌「電気と工事(オーム社)」コラム執筆・ブログ(月間25万PV)・Twitter企業アカウント(フォロワー数3.2万人)の運営

-お勉強